ASP.NET

Javascriptからpostback


<%@ Page Language="C#" AutoEventWireup="true" CodeBehind="Default.aspx.cs" Inherits="WebApplication1._Default" EnableEventValidation="false" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<head id="Head1" runat="server">
  <title>無題のページ</title>
   <script type="text/javascript">
       function hoge() {
           __doPostBack('Button1', 'a');
       }
       function doReload(interval) {
           var tm = setTimeout(hoge, interval);
       }
   </script>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
   <div>
       <asp:Button ID="Button1" runat="server" Text="Button" UseSubmitBehavior="false" OnClick="Button1_Click"/>
   </div>
   </form>
</body>
</html>

ダウンロードファイルの文字化け(IEのみ)

if (Request.Browser.Browser == "IE")
{
filename = HttpUtility.UrlEncode(filename);
}

Evalの書式設定

例)
<asp:TextBox ID="txtSuryo" runat="server" Width="80px" MaxLength="8" Text='<%# Eval("SURYO", "{0:#,#}") %>'></asp:TextBox>

Bindの書式設定

例)
<asp:TextBox ID="txtSuryo" runat="server" Width="80px" MaxLength="8" Text='<%# Bind("DATE"," {0:yyyy/MM/dd}") %>'></asp:TextBox>

FileUpload

空ファイルだとHasFileがtrueにならないので注意!

JavascriptにコントロールIDを渡す

ClientIDを使えば簡単
例)
var element = document.getElementById(" %= txtWorkerCode.ClientID %>");

国際化対応

ページの頭に、下記設定をしておく。
<%@ Page Culture="auto" UICulture="auto" %>

App_GlobalResources配下に
Test.rsex
Test.ja.resx
を作成しておき、それぞれに同一のキー(test1)を登録しておく。
WEB画面のコントロールには、XXX.text = "<%$ Resources:Test, test1 %>"としていすると
リソースの内容が表示される。
※コードからは、、
Thread.CurrentThread.CurrentUICultureでカルチャを設定してリソースを使用する

固定位置指定

ロード時に↓を入れとくと、固定位置に表示する
panel.Style.Add("position", "absolute");

リソース読み込み

こんな感じ
<asp:Literal ID="literal" runat="server" Text="<%$ Resources:General, Tilder %>"></asp:Literal>

  • 最終更新:2014-02-07 13:07:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード